燃料電池自動車FCVレンタカー予約サイト

クラリティFUEL CELLレンタカー予約サイト

ユーザ登録 ログイン



宮城県の水素社会の取組み



地球温暖化や化石燃料の枯渇が懸念されている中で、水素をクリーンエネルギーとして利活用する取組が注目されています。水素を燃料とする燃料電池は電気だけではなく、 熱も有効利用できるため、エネルギー効率が高く、さらに水素は様々な資源から製造でき、安定した供給が可能となります。 燃焼電池を活用した家庭用燃料電池(エネルギーファーム)や燃料電池自動車(FCV)など様々な用途で水素の利活用が拡大していくことで、 環境負担の低減、エネルギー供給源の多様化、経済波及効果及び災害対応能力の強化に大きく貢献できる可能性があります。


宮城県の取組について(宮城県のホームページへリンクします。)